お問合せ 0742-35-7041(代表)
 >  > 世界一受けたい授業からの話題<腸内ガス>

世界一受けたい授業からの話題<腸内ガス>

2015.08.16(日)

私たちは人前で腸内ガス(オナラ)を出すことは「はしたない」と我慢してしまうが、これはとっても腸には良くないそうです。

ガスが腸内で腸壁にクレーターのような穴をあけて、そこに便がたまると、外へ出ずらくなり、便がずっとたまってしまい、エライことに。

 

そこで腸内ガスを減らして、腸内を快適にする方法があります。

①両手を伸ばして寝て、ゴロゴロと回転すること10分。

②朝いちばんに、ミルク100ccにはちみつティスプーン1さじを入れて飲むこと。

 

これによって腸が刺激を受けて腸内ガスは解消します。出演中の女性タレントは、17ml(通常は10ml)あった腸内ガスが、このおススメ法を5日間継続したら、ナント3mlに激減していました。

 

私も「酵素」について学んでおり、生野菜が良いということで、ふんだんに摂るようになった途端、おなかが張って便秘気味に。

「なんでだろう?」と不思議に思っていましたが、腸で野菜を分解する時に腸内にガスが発生しやすくなるそうで、生野菜ばかりを取るのも要注意とのドクターの助言でした。

これで合点がいきました。

 

早速、試してみると、これはスゴイ!!

「ゴロゴロ体操」はおなかがとっても気持ちがいい。

 

便秘気味の人は、炭水化物をしっかりと摂るのも大切です。炭水化物は、便を腸内から外にスムーズに押し出してくれます。

 

もう一つ、ガスはいつ出るのか?寝ている時にも、結構でます。

寝ながら出て「へッ、やだな」と思っている方も多いのではないでしょうか?

これも普通のことなのだそうで、ちょっと、私は安心しました。

講義のドクターは、

瓜田純久先生(東邦大学医療センター大森病院総合診療科教授医学博士)でした。